無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2011年3月 7日 (月)

またまたまた雪

 今日は、雪の舞う中メッキ工場まで運搬してきました。帰りは高速道路上にも積雪し、60キロでとろとろ運転。まるで北海道でした。

 土木工事に使う架台らしいです。

Img_9755

 北海道といえば、イクラが届きました。奥さんの実家は函館なので、たまに海の幸を送ってもらえます。こちらからは乾燥芋やお米など農作物を送らせてもらっています。

Img_9725

 奥さんも長男も食べないので、僕と下の子で、どんぶりご飯にぶっかけて食べてしまいます。でも続くと結構飽きてくる・・・

Img_9728

一般建築・鉄骨建築・請負設計施工・各種階段・各種金物製作

茨城県知事許可(般ー18)第2792号

(株)吉川鉄工所

〒311-1114茨城県水戸市塩崎町2496

TEL 029-269-2054

FAX 029-269-3674

e-mail yoshikawatekkousyo@nifty.com

鉄のことなら、何でもご相談ください。

2010年10月24日 (日)

焼き芋

 先日、子供が幼稚園でサツマイモ掘りに行きお土産で持って帰ってきたので、食べさせねばと焼き芋にしました。

Img_8590

サツマイモってあまり進んで食べないけど、焼き芋は美味しい。子供がほとんど食べてしまいました。今日の朝食は焼き芋です。

2010年6月27日 (日)

キュウリ育ちすぎ

 我家の畑も徐々に収穫できています。トマト・キュウリ・ピーマン・ナス・サニーレタスなど食べ切れません。

 いろんな人に聞いても、土が新しいせいか育ちがいいみたいです。

 近所の畑の先生のおじいさんに聞いたので、かぼちゃの雄花と雌花を使って人力で受粉させました。これでたくさん生るみたいです。

 キュウリは、昨日の夕方この大きさでした。

Img_7571

一日でこんなになってしまいます。

Img_7572

2・3日ほっておくとこんなに巨大化してしまいます。武器にしかなりません

Img_7584

2010年5月 9日 (日)

今年も農業

 今年も、暖かくなってきたので畑に野菜を植えました。知り合いの工務店さんに残土をもらい山になっていたので、ならして去年の3倍くらいの面積になりました。野菜栽培は全くの素人なので、親や近所のおじいさんに教わりながらです。

 苗を植えたのは、レタス、スイカ、かぼちゃ、なす、ほうれん草、オクラ、トマト、キュウリ、シシトウなど。今はきれいだけど、すぐに雑草が生えてきます。雑草との戦いが始まります。去年は面倒くさくなり、雑草だらけでした。

 空いてる所には何を植えようか・・・

Img_7343

去年プランターに栽培した、アスパラガスがいつのまにか生えてきていたので、畑に植えました。よく分からないけど来年か再来年には食べられるでしょう。

Img_7344

2009年10月28日 (水)

 工場の柿がたくさん生ってます。自分はあまり食べませんが、甘柿ですので結構甘いです。この辺りでは近所の家中でなっています。毎年たくさんなっていますが、全部食べられないので結構捨てられていると思います。もったいない・・梨やりんごなら食べるのに。

 柿は英語でPersimmonです。昔はゴルフクラブのヘッドに使われていました。

Img_4820

一般建築・鉄骨建築・請負設計施工・各種階段・各種金物製作

茨城県知事許可(般ー18)第2792号

(株)吉川鉄工所

〒311-1114茨城県水戸市塩崎町2496

TEL 029-269-2054

FAX 029-269-3674

e-mail yoshikawatekkousyo@nifty.com

鉄のことなら、何でもご相談ください。

2009年9月23日 (水)

南陽園の梨

 奈良県の友人が梨を送ってくれました。吉野の南陽園という農園の竹姫(かぐやひめ)梨というもので竹の不思議な力を利用して育てられたそうです。普段スーパーで買っている梨とはみずみずしさや甘味が違います。なかなか自分で買っては一つ一つ包装してある果物はたべられません。美味しくいただきました。

Img_4458

 今年から庭の一角で畑を作り始めましたが、キュウリだけは半端じゃなく採れました。二日も採り忘れるとアメリカのキュウリみたいに巨大になってしまいます。自分で育てたものは安全だし安心して食べられます。毎日育っていくのを見るのが楽しみになります。

 他にもトマト、キャベツ、レタス、枝豆などは結構採れました。しかし、イチゴ、とうもろこし、ほうれん草は全然ダメでした。ほうれん草なんかいつの間にか消えていました。

 ハバネロです。素人でろくに肥料もやってませんがたくさん収穫できました。この前家内が包丁で刻んだ手で目の辺りを触ってしまい、泣いていました。

Img_4396

 パプリカもたくさん生りました。

Img_4397

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト